読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gesel's diary

万国のプレカリアート団結せよ 社民党と生活の党の力で変えよう

国労

遠藤さんが企画した下記の「労働映画百選選出記念上映会」で『人らしく生きよう?国労冬物語』『フツーの仕事がしたい』が上映されます。

 『人らしく』はひさしぶりの上映ですが、くしくも7月に映画の主人公のひとり・佐久間忠夫さんが亡くなりました。佐久間さんがどんな人だったのかも知ることができるでしょう。この作品は、リストラの原点ともいわれる「国鉄分割民営化・1047名JR不採用事件
」(1986年?2000年)を描いたものです。

 これを推進した当時の中曽根首相は、「国労、総評、社会党解体を明確に意識してやった」「行革でお座敷をきれいにして、立派な憲法を安置する」とその意図を公言していましたが、まさにその後の歴史はその道を進んでいるように見えます。いまこの作品を見直す意味はあるかもしれません。未見のかたはぜひこの機会にご覧ください。

→映画のサイト http://vpress.la.coocan.jp/hito.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●『人らしく生きよう?国労冬物語』『フツーの仕事がしたい』労働映画百選選出記念上映&トークイベント

 百年を超え千三百数十本を数える日本の労働映画群より、NPO法人・働く文化ネットが「労働映画百選」を選定、上記2作品が選出されたことを記念し上映会&トークイベントを行います。

★日時 8月7日(日)午後2時開場 2時半開演
★場所 Caf?★Lavander?a(カフェ・ラバンデリア)
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F TEL03-3341-4845
http://cafelavanderia.blogspot.jp/2009/11/blog-post_4859.html
新宿駅東口から徒歩15分、新宿3丁目駅C8より2分
★参加費
・1ドリンク以上オーダー お店へのお礼になりますのでぜひたくさん飲んでください。
また、カンパ制の食事が出ます。
・椅子が小さく硬いのでマイ座布団必須。百均のピクニック用の折畳みクッションを推奨

★内容
1.呼びかけ人(遠藤)の挨拶
2.『人らしく生きよう-国労冬物語』(2001年 100分)上映
3,ビデオプレス(松原明さん、佐々木有美さん)のトークとディスカッション(20分くらい)
 ?休憩?
4,『フツーの仕事がしたい』(2008年 70分)上映
5,土屋トカチさんのトークとディスカッション(20分くらい)
 ?休憩?
6.全体での歓談(トークの延長戦?)
映画のお話の続き、今だから話せる秘話、労働映画論、私の選ぶ労働映画などお話が尽き
るまで語り合いましょう。

★主催 レイバー映画を観る会(遠藤)
連絡先 ylaur803@aol.com