読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gesel's diary

万国のプレカリアート団結せよ 社民党と生活の党の力で変えよう

さっき中島さんより電話

日本海時代の祭典案内

第45回

2015年日本海時代の祭典

原子力発電に関する素朴な疑問(市民感覚として)~

2015年9月18日(金)~20日(日)


≪祭典概要≫

●開催日:2015年9月18日(金) ~20日(日)

●開催地:福井県 小浜市

●メイン会場・宿泊:きざき旅館 TEL0770-52-0342

       〒917-0086 福井県小浜市塩竃60

        http://www.ryokan.or.jp/inn/49590 または

        http://www.wakasa-obama.jp/Food/foodDetail.php?43 を参照願います。

●参加費用:現地の受付でお支払い下さい。

  2泊3日(5食付) 1泊2日(3食付) 1泊2日(3食付)
参加コース名 A(9月18日~20日) B(9月18日~19日) C(9月19日~20日)
一般参加者 23,000円 13,000円 13,000円
学生参加者 20,000円 10,000円 10,000円
●スケジュール

 09/18 16:00~17:00 受付

 (金)  18:00~18:50 食事

     18:50~19:00 開会宣言

     19:00~19:30 基調講演(福井新聞小浜支社長 現在交渉中)

            「福島原発事故から後、地元市民の意識の変化は・・・」

     19:30~20:30 講演(明通寺ご住職 中嶌哲演氏)

           「現在の若狭原発の現状(高浜原発運転差し止め判決以後、等々)」

     20:30  懇親会(飲み物代実費)

 09/06 08:00  朝食

 (土)  08:45~ 自自由時間として小浜市周辺観光や小浜市北方のエンゼルライン(無料)

        で展望台まで行けば「なるほど国定公園になるべし」景色を堪能できます。

        また、ス-パー銭湯や地元の食事を楽しむのもよし、散策、入浴など。

     18:00  夕食

     19:00  福島県から関西(京都)の原発災害避難者による現状報告と質疑応答、その他

        「NPO法人なごみ」メンバー2名参加予定(氏名・年齢・性別等は現在不明です)

     20:00頃~懇親会(飲み物代実費)

 09/07 08:00  朝食

 (日)  09:00  小浜祭典の反省点その他

     10:30頃 解散

◆お問合せ窓口&参加申込み先:日本海時代の祭典・大阪事務局《 2015祭典担当 》まで

  ・榎本 潔 Email:k.eno@aioros.ocn.ne.jp    /TEL: 090-3846-5270

◎申込み締切り: 8月31日(月) まで

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     《 知人・友人などお誘いあわせの上、奮ってご参加ください!! 》

◆◇◆ 主催:日本海時代の祭典 ◆◇◆

 

≪趣旨説明≫

 いまから10年前の2005年「水の道・エネルギーの道」をテーマに小浜市にて、「日本海時代の祭典」を開きました。

 関西圏の住民としては電力エネルギーの50%をしめる「原発」を無視することは出来ず短い時間でしたが、原発反対の立場である中嶌哲演氏と関西電力敦賀広報室さまから3名の社員をお招きして(討論会?)を開きました。(この間の関電社員参加要請ならびに小浜市民の参加については、かなりの困難な状況がありました)

 さて、4年前3・11の福島原発事故があり、現時点での廃炉作業工程の目途も立たない状況です。「原発立地の地元の方(小浜市民)と福島からの原発災害避難者、そして電力エネルギーの受給者としての私たち、立場の異なる三者」が改めて、原発を含むエネルギー問題を話し合うことに大きな意味がある。と考えて企画した次第です。

―この祭典では、原発反対意見が多数出ると予想しますが、社会に必要な電力エネルギーはどのような選択肢が良いのか? これを基本テーマとして、政治的な「原発反対集会」のかたちは極力避けたいと考えていますー

以下の意見は素人の疑問に過ぎません。専門用語・その他は正確で無いかと思います。

用語等の間違いはお許し下さい。出来れば「危険極まりない発電方式を、なぜ選択したのか?」 この思いに共感頂けたら、と願っています。

原子力発電に関する素朴な疑問(市民感覚として)

◆ しょせん湯沸し装置に過ぎない。