gesel's diary

万国のプレカリアート団結せよ 社民党と自由党の力で変えよう

八ツ場ダム

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1257286260984372&id=176817515697924

林眞須美さん

死刑囚の林眞須美さん、「あおぞら通信」が届いた。郵便の遣り取りができないから、ミニコミになっている冊子。

年賀状は届かないけど、名前だけは伝わるんだ。知らなかった。さっそく投函した。安倍晋三さんの同姓同名さんも、明仁さんも皆んな出してね。

*上の歯。全部が抜けてるんだって。拘置所は仮歯も入れ歯も認めない。*ちゃんと噛めなかったら、栄養も足りなくなるじゃないか。

殺すな! 殺されるな!!

画像は林眞須美さん本
<http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama/e/d5c88177197b10c4f4d16157bde9f7a2>

社会主義協会の 統一

もう 些細なことでけんかしている場合で無いと思います。2つの社会主義協会を知ってる私としては 民主党共産党がいっしょにたたかう時が来ているので、早く仲直りして欲しいです。

若狭でのチラシ配布にご参加下さい  |  8月27,28日初めての高浜原発、大飯原発に関する広域避難訓練

若狭でのチラシ配布にご参加下さい
 |  8月27,28日初めての高浜原発大飯原発に関する広域避難訓練
 └──── 若狭の原発を考える会・木原壯林(090-1965-7102)

 原発全廃を目指す皆様
 ご存知のように、8月27,28日に、初めての高浜原発大飯原発に関する広域避難訓練
が行われます。
 しかし、どんな訓練をしても、被曝なしでの避難は不可能です。避難訓練は、重大事故
時にはほとんど役立たないと考えられます。本来、原発さえなければ、避難訓練ヨウ素
剤の配布も不要です。原発全廃こそ原子力防災です。
 ということで、この避難訓練の前に、高浜、舞鶴、おおいで各戸配布するチラシを作成
中です。しかし、私は、以前より頼まれている講演が25日にあります。また、26日は、多
くの方が自衛隊基地の拡大が進み、迎撃ミサイルを置くサードシステム構築が画策され、
Xバンドレーダー基地がますます強化されている京丹後に出かけられます。
 そこで、お願いです。25,26,27日に、高浜、舞鶴、おおいに出かけてチラシ配布可能
な方、ご連絡下さい。また、この期間に、京都、滋賀、大阪から車を出していただける方
もご連絡下さい。
 私は、26、27日に行きますが、26日は、京丹後に行って、その参加者とともに、午後で
きるだけ早く高浜方面に向かいたいと思いますので、それに同行可能な方もご連絡下さい
。
 27日には、嶺北からも高浜に来られるようですから、合流できると思います。
 なお、25,26日の宿泊は、熊川宿にお願いしてあります。以上、よろしくお願いします

国労

遠藤さんが企画した下記の「労働映画百選選出記念上映会」で『人らしく生きよう?国労冬物語』『フツーの仕事がしたい』が上映されます。

 『人らしく』はひさしぶりの上映ですが、くしくも7月に映画の主人公のひとり・佐久間忠夫さんが亡くなりました。佐久間さんがどんな人だったのかも知ることができるでしょう。この作品は、リストラの原点ともいわれる「国鉄分割民営化・1047名JR不採用事件
」(1986年?2000年)を描いたものです。

 これを推進した当時の中曽根首相は、「国労、総評、社会党解体を明確に意識してやった」「行革でお座敷をきれいにして、立派な憲法を安置する」とその意図を公言していましたが、まさにその後の歴史はその道を進んでいるように見えます。いまこの作品を見直す意味はあるかもしれません。未見のかたはぜひこの機会にご覧ください。

→映画のサイト http://vpress.la.coocan.jp/hito.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●『人らしく生きよう?国労冬物語』『フツーの仕事がしたい』労働映画百選選出記念上映&トークイベント

 百年を超え千三百数十本を数える日本の労働映画群より、NPO法人・働く文化ネットが「労働映画百選」を選定、上記2作品が選出されたことを記念し上映会&トークイベントを行います。

★日時 8月7日(日)午後2時開場 2時半開演
★場所 Caf?★Lavander?a(カフェ・ラバンデリア)
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F TEL03-3341-4845
http://cafelavanderia.blogspot.jp/2009/11/blog-post_4859.html
新宿駅東口から徒歩15分、新宿3丁目駅C8より2分
★参加費
・1ドリンク以上オーダー お店へのお礼になりますのでぜひたくさん飲んでください。
また、カンパ制の食事が出ます。
・椅子が小さく硬いのでマイ座布団必須。百均のピクニック用の折畳みクッションを推奨

★内容
1.呼びかけ人(遠藤)の挨拶
2.『人らしく生きよう-国労冬物語』(2001年 100分)上映
3,ビデオプレス(松原明さん、佐々木有美さん)のトークとディスカッション(20分くらい)
 ?休憩?
4,『フツーの仕事がしたい』(2008年 70分)上映
5,土屋トカチさんのトークとディスカッション(20分くらい)
 ?休憩?
6.全体での歓談(トークの延長戦?)
映画のお話の続き、今だから話せる秘話、労働映画論、私の選ぶ労働映画などお話が尽き
るまで語り合いましょう。

★主催 レイバー映画を観る会(遠藤)
連絡先 ylaur803@aol.com

知事は鳥越俊太郎

申込フォーム http://goo.gl/forms/fROzdwqDqeBl9iTv2

(拡散歓迎)

「18歳からわかる!東京都知事選挙

都知事ってどんなことができるの?
東京都ってどんな課題を抱えているの?
人口1361万人の首都って、どんなまち?
意外と知らない東京都や都知事の仕事。
宇都宮けんじをゲストに謎解きます!

特別コメンテーター:宇都宮けんじ(日本弁護士連合会元会長)

日時:7月23日(土)19:00~21:00(開場18:30)
会場:文京区民センター3A (定員200名)
    地下鉄「春日駅」「後楽園駅」下車
     地図 http://www.city.bunkyo.lg.jp/gmap/detail.php?id=1754
資料代:500円(学生無料)
主催:市民グループ「私が東京を変える」

車いすの方、ノートテイクが必要な方、保育が必要な方などいらっしゃいましたら
事前にお申し出ください(下記申込フォームより)。託児スタッフも募集中!

※17:30~ 机や椅子などの準備を一緒に手伝ってくれる方も大募集中!

申し込み:資料準備の都合上、お申し込みをいただけると幸いです。
     (もちろん当日参加も歓迎です)
  申込フォーム
  http://goo.gl/forms/fROzdwqDqeBl9iTv2

詳しくはこちらから。
 → https://www.facebook.com/events/995128277270844/

福島原発作業員の記」

来る6月24日(金)19:30~21:00
中津市加来 中津下毛教育会館(道の駅なかつ隣)にて
福島原発作業員の記」と題して
福島原発で3・11後に作業をしてきた
池田実(いけだみのる)さんをお招きしての講演会を行います。
池田さんは福島での除染作業後、福島原発の「収束」作業に従事した方です。
現場の生のお話が聞けます。
今なお原発の再稼働に突き進む政府自公政権、財界、電力会社。
参議院選挙の大きな争点に間違いないはずなのに、なぜか
マスコミはとりあげません。
また、一日のべ数千人とも言われる作業員の人権を
この機に問うことも、今回の講演会の目的の一つです。
参加費は無料ですが、若干のカンパ、池田さんの書籍購入をお願いできれば、と思います。

主催:部落問題を考える会 人権学習の勉強会
連絡先:090-4778-2251(中尾)
または、
池田年宏
peacewith9@gmail.com
871-0104
大分県中津市三光諌山1249-5
090-4583-8797