gesel's diary

万国のプレカリアート団結せよ 社民党と自由党の力で変えよう

福井県原子力安全専門委員会に要請書


みなさん
今日、福井と関西の市民団体が共同して、福井県原子力安全専門委員会へ要請書を提出しました。
要請書は下記URLに掲載しています。
 
専門委員会は明日午後3時~5時に開かれます。
事務局である原子力安全対策課によるまとめに沿って一応の議論をし、高浜3・4号の再稼働を基本的に了承するものと思われます。
この委員会の了承は、福井県知事が了承するための前提条件になっています。
 
専門委員会に対しては、10月初めから今回を含めて3回に渡って要請書を提出してきました。
明日は最後の監視をする日です。
委員が少しは良心に恥じる思いをするよう、大勢参加して見届けましょう。
 
午後2時から2時半までの間に抽選券が配布されます。
人数が定員に達しなければ、2時半を過ぎても入れます。
大阪方面から行く場合は、2:06福井着のサンダーバードがあります。
 
ぜひ多数で参加してしっかり見守り、雰囲気で圧倒しましょう。
そのあとまだ、一直線の了承とは行かない可能性も残されています。
そのためにも、明日はぜひ参加しましょう。
12月9日

福井で高浜原発再稼働反対集会

f:id:gesel:20151205031030j:image
高浜町長も町長選挙が近づいて  再稼働認めました。これで新幹線若狭ルートも無いでしょう。原発だけが再稼働されて。高木大臣も、再稼働決まると、政治的にどうなのでしょうか。原発により大臣のポストをキープされているのに、心配です。高浜原発のカードでせめて、新幹線若狭ルートぐらい勝ち取りたいですが、この地の政治力ではそれも難しそうです。
ちなみに私の理想は、再稼働もなく新幹線若狭ルートも要りませんですので、その点  誤解のありませんように。

さっき中島さんより電話

日本海時代の祭典案内

第45回

2015年日本海時代の祭典

原子力発電に関する素朴な疑問(市民感覚として)~

2015年9月18日(金)~20日(日)


≪祭典概要≫

●開催日:2015年9月18日(金) ~20日(日)

●開催地:福井県 小浜市

●メイン会場・宿泊:きざき旅館 TEL0770-52-0342

       〒917-0086 福井県小浜市塩竃60

        http://www.ryokan.or.jp/inn/49590 または

        http://www.wakasa-obama.jp/Food/foodDetail.php?43 を参照願います。

●参加費用:現地の受付でお支払い下さい。

  2泊3日(5食付) 1泊2日(3食付) 1泊2日(3食付)
参加コース名 A(9月18日~20日) B(9月18日~19日) C(9月19日~20日)
一般参加者 23,000円 13,000円 13,000円
学生参加者 20,000円 10,000円 10,000円
●スケジュール

 09/18 16:00~17:00 受付

 (金)  18:00~18:50 食事

     18:50~19:00 開会宣言

     19:00~19:30 基調講演(福井新聞小浜支社長 現在交渉中)

            「福島原発事故から後、地元市民の意識の変化は・・・」

     19:30~20:30 講演(明通寺ご住職 中嶌哲演氏)

           「現在の若狭原発の現状(高浜原発運転差し止め判決以後、等々)」

     20:30  懇親会(飲み物代実費)

 09/06 08:00  朝食

 (土)  08:45~ 自自由時間として小浜市周辺観光や小浜市北方のエンゼルライン(無料)

        で展望台まで行けば「なるほど国定公園になるべし」景色を堪能できます。

        また、ス-パー銭湯や地元の食事を楽しむのもよし、散策、入浴など。

     18:00  夕食

     19:00  福島県から関西(京都)の原発災害避難者による現状報告と質疑応答、その他

        「NPO法人なごみ」メンバー2名参加予定(氏名・年齢・性別等は現在不明です)

     20:00頃~懇親会(飲み物代実費)

 09/07 08:00  朝食

 (日)  09:00  小浜祭典の反省点その他

     10:30頃 解散

◆お問合せ窓口&参加申込み先:日本海時代の祭典・大阪事務局《 2015祭典担当 》まで

  ・榎本 潔 Email:k.eno@aioros.ocn.ne.jp    /TEL: 090-3846-5270

◎申込み締切り: 8月31日(月) まで

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

     《 知人・友人などお誘いあわせの上、奮ってご参加ください!! 》

◆◇◆ 主催:日本海時代の祭典 ◆◇◆

 

≪趣旨説明≫

 いまから10年前の2005年「水の道・エネルギーの道」をテーマに小浜市にて、「日本海時代の祭典」を開きました。

 関西圏の住民としては電力エネルギーの50%をしめる「原発」を無視することは出来ず短い時間でしたが、原発反対の立場である中嶌哲演氏と関西電力敦賀広報室さまから3名の社員をお招きして(討論会?)を開きました。(この間の関電社員参加要請ならびに小浜市民の参加については、かなりの困難な状況がありました)

 さて、4年前3・11の福島原発事故があり、現時点での廃炉作業工程の目途も立たない状況です。「原発立地の地元の方(小浜市民)と福島からの原発災害避難者、そして電力エネルギーの受給者としての私たち、立場の異なる三者」が改めて、原発を含むエネルギー問題を話し合うことに大きな意味がある。と考えて企画した次第です。

―この祭典では、原発反対意見が多数出ると予想しますが、社会に必要な電力エネルギーはどのような選択肢が良いのか? これを基本テーマとして、政治的な「原発反対集会」のかたちは極力避けたいと考えていますー

以下の意見は素人の疑問に過ぎません。専門用語・その他は正確で無いかと思います。

用語等の間違いはお許し下さい。出来れば「危険極まりない発電方式を、なぜ選択したのか?」 この思いに共感頂けたら、と願っています。

原子力発電に関する素朴な疑問(市民感覚として)

◆ しょせん湯沸し装置に過ぎない。


京都での 原発再稼働反対集会

川内原発が再稼働しましたが、あきらめてはいない。

次に狙われている高浜原発の差止仮処分を覆させないよう、福井地裁に声を届ける必要がある。

そのために、脱原発の大きなうねりを形にして示したい。

 

高浜・川内・伊方原発の再稼働を許さない!さよなら原発全国集会in京都

日時:9月6日(日)13:00~プレイベント 古川豪コンサートほか

          14:00~15:30 本集会

場所:京都・梅小路公園芝生広場


報告:高浜、川内、伊方、福島から

よびかけ:原子力発電に反対する福井県民会議

     チェルノブイリフクシマ京都実行委員会

     平和フォーラム関西ブロック

     反原発運動全国連絡会

     「さよなら原発」一千万署名 市民の会

チラシはこちら

 

本日、京都で開催告知の記者会見が行われました。

出席した、福井県民会議の中嶌哲演さんは「若狭現地ではなく、源地である関西・京都で集会が持たれる意味は大きい。

被害地元だけではなく、消費地元の声が立ち上がらないと再稼働は止められない。」と述べました。

 

ぜひ、集会にご参加ください。

 


はてなアプリ

iPhoneごときには  はてなは力を入れないのか、アプリで不調のものが多い。まあいいかという感じだが。
ゲームとか他のことに力を  みんな入れているのだろうか。デフレが長く続き  優秀な若者たちが十分に能力を発揮できずに申し訳ないです。デフレ脱却しましょう。労働者の団結で賃上げを

裁判 びっくり判決 原発

「絶望の裁判所」という本を借りて  読んでいたので  昨日の仮処分には  聞いていたがびっくりでした。樋口裁判官は左遷されるだろうが、日本を救った人になるかもしれない。

違う意見の人も多いだろうが、今の日銀の黒田さんもいつかそう言われると思う

原発廃棄物

みなさま

原子力市民委員会の水藤さんが教えてくれました。
資源エネ庁が、「放射性廃棄物理解促進・支援事業」として、各地で「高
レベル放射性廃棄物に関する意見交換会」なるものを開催しています。

大阪での開催は2月8日(日)、東京での開催は2月11日(水・祝)だ
そうです。
30名程度の少人数の意見交換会だそうで、大阪の申し込みの締め切りは
2月6日(金)12:00、東京の申し込みの締め切りは同日17:00
となっております。

以下のページに概要や各地の開催情報があります。
 概要:http://www2.dengen.or.jp/kouhou/index.html
 開催情報:http://www2.dengen.or.jp/kouhou/info.html

すでに名古屋などは終了し、その後、福岡、北海道、宮城などを回るよう
です。

――――――――――――――――――――――――――――――
「大阪 意見交換会 開催のご案内」
 開催日時:平成27年2月8日(日)13:15~16:45(予定)
 会  場:大阪科学技術センタービル 405号会議室
       大阪市西区靱本町1-8-4(地図をご覧ください)
 募集人員:30名程度(先着順)
 プログラム:  
    講義「高レベル放射性廃棄物の地層処分の基礎知識」(仮)
     講師:杤山 修氏
        (原子力安全研究協会処分システム安全研究所長)
 参 加 費:無料
 http://www2.dengen.or.jp/kouhou/info.html#info04
――――――――――――――――――――――――――――――
「東京 意見交換会 開催のご案内」
 開催日時:27年2月11日(祝)13:00~17:00(予定)
 会  場:オフィス東京 L2会議室
      中央区京橋1丁目6番8号 コルマ京橋ビル(地図をご覧ください)
 募集人員:30名程度(先着順)
 プログラム:
    講義「放射性廃棄物の地層処分に関する基礎知識」&
       「日本の地質環境と地層処分–関東地方の地質の特徴–」
     講師:吉田 英一 氏 (依頼中)
        (名古屋大学博物館教授・
             名古屋大学大学院環境学科研究科教授兼任)
 参 加 費:無料
 http://www2.dengen.or.jp/kouhou/info.html#info05
――――――――――――――――――――――――――――――

--
満田夏花 MITSUTA Kanna <kanna.mitsuta@nifty.com>
FoE Japan
〒173-0037 東京都板橋区小茂根1-21-9
Fax:03-6909-5986